まあ、ええや(社会不適合者が思ったことを書くだけ)

社会不適合者が思ったことを書いて、オタク話とロードバイクについても書く

ぼくのオタク人生 序章 中学編

ぼくがオタクになったのは高校に入ってからだ。

中学では陸上部に入っており、週刊少年ジャンプを買って、当時アニメをしていたテニスの王子様シャーマンキングなどを見ており、萌え系の存在自体は知らなかった。

そもそも、漫画やアニメも見始めたのも中学に入ってからであり、ぼくが小学生の頃では周りが見ていたドラゴンボール幽遊白書デジモンアドベンチャーも全然見ていない。

中学に入ってから、友人がジャンプを読んでいて、「へー、こんな雑誌があるんだ」と、中学一年か二年でジャンプの存在を初めて知ったと思う。

ぼくはあまり中学の記憶がない。オタク趣味もなかったし、読書の習慣もなかった。一体、当時のぼくはどうやって時間をつぶしていたんだろう。

 


無職ランキング