まあ、ええや(社会不適合者が思ったことを書くだけ)

社会不適合者が思ったことを書いて、オタク話とロードバイクについても書く

中学の友人からメールがきた

 昨日の夜に携帯電話が鳴った。

見ると、メールがきており中学の頃からの友人Oからだった。

「15日、あいているか?」

だけだった。

おそらく、遊びか飲みの誘いだな、と思った。

「なんで?」

と愛想なく返信すると、

「YとHも誘って、飲みにいこう」

ときた。

二人とも同じ中学の友人で、Hとは違う高校へ行っても年に何回か会っており、今もその付き合いは続いて先月も会ったばかりだ。

Yの方は、中学から特に親しいという関係ではない。YはHとメールの送り主Oとまだ交流があるのだろう。そして、その三人の共通の友人であるぼくにメールがきた。

特にYの方はぼくに会いたいとは思ってないだろうし、Hの方もぼくとは会っているのだから、会いたいというほどでもない。

「まあ、集まるのだから、レネゲも誘うか」、と軽いノリで誘ってきたのだと思う。

なんで、15日の平日に飲みに行くんだよ、だるいな、と思ったが、世間ではお盆休みというのがあって、会社が休みになるらしい。ぼくはそんな経験をしていないので、すごく違和感を覚えた。ただ、それだけ。

飲み会に行くか、どうかはわからない。

とりあえず、「時間と場所決まったら、メールちょうだい」とだけ送った。


無職ランキング

介護利用者への「虐待」増加、原因は過酷な労働環境?について

news.nicovideo.jp

 

ニコニコニュースで「介護」の文字があると、つい見てしまう。

介護スタッフのよる介護利用者への虐待が増加傾向で困った、という話。

介護業界において、虐待は5つあります。よく国家試験に出る問題です。

1 身体的虐待

2 精神的虐待

3 性的虐待

4 経済的虐待

5 介護放棄

 

順番については意味はありません。ぼくが思い出した順番です。

虐待というと、この介護スタッフ→利用者という図になりがちですが、実際は利用者→介護スタッフへの暴行、暴言の方が多いと思います。

仕事上仕方ないかもしれませんが、認知症が進んだ人は脳のリミッターが外れているので暴行、暴言をはきます。なかには、男性利用者が女性スタッフを襲ったという噂も聞いたことがあります。

まあ、極論ですが、賃金が高くて業務が普通にまわる状態なら、利用者から介護スタッフへの多少の暴行、暴言は大目にみてくれると思います。

介護業界の問題なのは、資格がなくても働ける職場(けど、働くと医療との連携がある)、休みがとれない夜勤がある、人手不足で業務がまわらず心身とも追い込まれ利用者からの暴行・暴言、そして、最後にそのくせに給料が安い。

そんな労働環境ですから、虐待が増える。

ぶっちゃけ、労働環境をよくして虐待をなくすのは施設の仕事というよりも国が率先して労働環境を改善しないと、常識があって有能な人(介護虐待しない人)を雇用できないのです。


無職ランキング

ぼくのオタク人生 序章 中学編

ぼくがオタクになったのは高校に入ってからだ。

中学では陸上部に入っており、週刊少年ジャンプを買って、当時アニメをしていたテニスの王子様シャーマンキングなどを見ており、萌え系の存在自体は知らなかった。

そもそも、漫画やアニメも見始めたのも中学に入ってからであり、ぼくが小学生の頃では周りが見ていたドラゴンボール幽遊白書デジモンアドベンチャーも全然見ていない。

中学に入ってから、友人がジャンプを読んでいて、「へー、こんな雑誌があるんだ」と、中学一年か二年でジャンプの存在を初めて知ったと思う。

ぼくはあまり中学の記憶がない。オタク趣味もなかったし、読書の習慣もなかった。一体、当時のぼくはどうやって時間をつぶしていたんだろう。

 


無職ランキング